OAフロアのいろは

近年のOAフロア事情

この記事では、 OAフロアとパーテーションの設置やフロアの導入に関してのメリットなどについての紹介しています。
そもそもフロアの上に設置が可能なのか、フロアで机や椅子のレイアウトを自由にできるメリットについて、フロアを導入するうえでの床の高さはどれくらいなのか、オフィスの配線事情から見たOAフロアのメリットについて、そしてフロアの導入においておすすめとされているオプション品についてなどを紹介しています。

OAフロアの上にパーテーションの設置は可能?

OAフロアの上にパーテーションの設置は可能? OAフロアは、オフィスの配線事情から効率良く線を床下に敷くことによって、メンテナンス費がほとんどかからないというメリットをもっています。
そのため配線をフロア内の床上に張り巡らせることがないため、椅子などのレイアウトを自由にできるという特徴があります。
また、OAフロアの上にパーテーションは設置が可能で、フロア上から簡単に直接床スラブに固定することができます。
また、セキュリティーの関係でフロア上のパーテーションを区切りたい場合でも、配線の溝の部分にパテを詰めたり、また仕切り板を用いることで容易に防ぐことができます。
フロア上部に設置することで、フロアに熱がこもりにくいというメリットがあり、現在よく利用されている設置方法です。

OAフロアを年々改良されています

OAフロアを年々改良されています ネットワーク配線などは足元に露出していると危険ですが、そういったものを床下に収納し利便性と見た目を良くするものがOAフロアで、年々改良され進化してきました。
元々は配線を整理する用途のみ用いられてきましたが、階下への騒音を抑えたり、室内の音の反響を抑え静音性を高めたものなどもありますし、二重となる床の下のスペースを利用して空調を行い、冷暖房費を節約したりなど、付加価値のあるものが増えてきています。
底上げする床に使われる素材も年々軽量かつ丈夫な素材が使われるようになり、OAフロア歩行時の安定性などの向上に貢献しています。
また一般的には支柱を作り、その上に板を乗せるか、支柱の付いたパネルを敷き詰めるなどの施工がなされますが、配線コードを埋める溝をあらかじめ付けた樹脂パネルを敷いてその上に板やマットを乗せる事で従来より簡単にOAフロア環境を構成する事が出来る様になりました。
こういった技術は日々進化しており、最新のオフィスだけでなく、従来のオフィスや建物の環境にも対応出来るようになっています。
小規模なオフィスから大規模なサーバーを持つ環境など、これからもこういった環境の変化に対応すべく、OAフロアの技術も進化していくでしょう。

おすすめのOAフロア関連リンク

激安のOAフロア専門サイト

OAフロア